ビューティー
公開日:2017.01.31

年相応の美しさ

最近、どんな服を着ていいのか分からない・・・。去年着ていた服を着てもなんか違和感・・・。なんてことが増えてきました。流行りの服もなんだかしっくりきませんし、流行りのメイクもなんか違う。難しい年頃です。

 

誰でも、いつまでも若く見られたい!いつまでも若くいたい!と思いますよね。でも、アラフォーになると、ただただ若作りをすればいいものでもありません。アラフォーの若作りは、「頑張りすぎ」に見えてしまうもの・・・。逆効果です。どれだけ若作りしても気分は若くても、歳を取ることには逆らえません。無理して若作りをするより、それぞれの年齢にあった美しさというのがあり、年相応で美しくというのを目指したいものです。年相応だからと言って、わざわざ地味な服装や手入れをしないのではなく、常に美意識は必要です。逆に白髪をほったらかしにしているなどおばさん化は更に避けたいところです。さりげないオシャレと大人としての落ち着きがほしいですね。

 

第一印象

特に第一印象って大事ですよね。人は、最初の3秒で判断されるといいますが、仕事上でも最初の印象というのはとても重要です。「人は見かけじゃない」とは言うもののやっぱりまずは、見た印象で判断されると思いませんか?例えば、茶髪でフリフリのミニスカートをはいたアラフォー女性に仕事ができるイメージを持ちませんよね。白髪に、よれよれのロングスカートをはいたアラフォー女性に仕事を頼みたいと思いませんよね?最初に「この人痛い」と思われてしまったら後の挽回はしんどいものです。逆にギャップを狙う方法もあるかもしれませんが、かなりのリスクを伴います。

 

肌年齢

第一印象といえば、もちろん身なりだけではなく、見た目も大事です。肌年齢と言われるように、肌が綺麗だと若く見えますし、肌にシワやたるみがあるだけで老けて見られます。芸能人のようにお金もかけられないので、やはり毎日の地道なお肌の手入れが大事ですね。ちなみに、私は毎日の顔パックは欠かせません。また、シワやたるみを隠すために、厚塗りのファンデーションや派手なメイクも逆効果です。アラフォーだからこそナチュラルメイクが綺麗の秘訣だと思います。

 

体型

歳とともに引力に負け、体型も変わってくるのは避けられません。体重は変わらないのにお肉のつきどころが変わったと感じる人がほとんどではないでしょうか?しかし、太るか維持するかは自分次第。男性の場合は、多少太っても「貫禄がある」と思われることもありますが、女性に貫禄は必要ありません。太ると確実に老けて見えますし、場合によってはだらしがなくも見えます。新陳代謝が悪くなり、痩せにくい体になっているのは事実ですが、無理なダイエットではなく、生活習慣からの太らない努力をしましょう。

 

年相応というのは、年齢に逆らわず、頑張りすぎず自然体がいいのではないでしょうか。
前を向いて生きていて、自然体で、今が輝いていれば、いくつになってもかっこいい女性でいられるはずです。
堂々と、そしてかっこよく年を重ねたいと思います。

 

執筆者:才田真未 (https://xlab-online.com/author/saida)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらマーケティング、web広告の運用やセミナーを開催しています。人生を変えたウエディング、広告、育児を通し、様々な情報を発信していきます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

当サイトの最新記事をお届けいたします

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別 お悩みごとで探す