ビジネス
公開日:2016.12.04

あなたは誰にメッセージを届けますか?

どんなビジネスにも「集客」は欠かせません。そもそも集客ができないと売上は上がりません。その集客する方法というのはたくさんありますが、どの集客方法をするにしてもまず大切なことがあります。これをしないと、どんな集客方法を試しても効果を上げることができません。

それは、
ターゲットを絞り込むこと!
ペルソナ=理想の顧客像を明確にすること!

ターゲットを絞るなんて当たり前と思っているかもしれませんが、意外にできていないもの。できるだけたくさんの人に売りたいと思い、たくさんの人にいろいろなアプローチをしている場合が多いのです。しかし、それは手当たり次第に告白していることと同じです。イケメンのAくんも好きだけど優しいBくんもお金持ちのCくんも好き。きっと誰も振り向いてくれないでしょう。ターゲットを絞り、その一人に振り向いてもらうためのメッセージを作りアプローチすることが、結果的に売上も利益も上がります。

例えば、化粧品を販売を販売しているとします。

その商品を欲しいと思う人、使って欲しい人はどんな人なのでしょうか?それは誰でしょうか?

  • 年齢
  • 職業や年収
  • ライフスタイル
  • 趣味やよく読む本
  • どんな悩みがあるのか?
  • どうなりたいのか!
  • 悩みを解決方法は何か?

 

このように、具体的にターゲットを絞り込むことで、戦略も売り方も変わってきます。

「ニキビにもシミにもたるみにも美白にも効果的な化粧品」「10代にも20代にも30代にも40代にも使って欲しい化粧品」「乾燥肌にもオイリー肌にも敏感肌にもニキビ肌にも効果的な化粧品」どれもなんだか突き刺さりませんよね?「シミ」の悩みがある40代女性に、「シミ」に効果的な化粧品を訴求する方が、メッセージが伝わりやすいのです。さらに、小学生の子供がいて、最近パートを始めたサラリーマンの夫を持つ主婦という明確なターゲット像を設定することで、求めていることも解決できる悩みもキーワードも変わってくるのです。

しっかりとターゲットを絞り込むことは、どんなビジネスでも欠かせません。今一度、あなたのビジネスのペルソナは誰なのか?を見直して、あなたのペルソナ一人のためのメッセージ、商品を届けましょう。

 

執筆者:才田真未 (https://xlab-online.com/author/saida)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらマーケティング、web広告の運用やセミナーを開催しています。人生を変えたウエディング、広告、育児を通し、様々な情報を発信していきます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

当サイトの最新記事をお届けいたします

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別 お悩みごとで探す