独り言
公開日:2017.01.22

生き金を使うということ

「お金」って綺麗事ではなくとても大事です。事実、お金で解決できることは多く、そもそもお金がないと生活することができません。誰もが、ないよりあったほうがいいと思いますよね。

そのお金の中にも「生き金」と「死に金」があります。

人は、そのお金を稼ぐことを目的として働きます。そのお金をどのように使うかということによって、その価値は変わります。

もちろん、老後のためや、もし病気になったときのためなど、何かあったときのために蓄えておくことは大切なことです。

しかし、「自分磨き」「自分探し」など自分への投資をすることは、生き金となって、後の自分に返ってくる使い方です。活力を与えてくれる道具、学びの道具とも言えます。自分への投資といっても、勉強だけでなく、自分の好きなことやストレス発散のために使うことで、明るく楽しい生活を手に入れることができるのです。

子供への投資なども生き金ですね。いろいろな考え方があると思いますが、個人的には、好きなこと、やりたいことをできるだけさせてあげるチャンスを与えてあげるため、子供の夢を応援するための投資は、惜しみたくありません。現実、思うようにはなりませんが、結果はどうであれ、まずやってみなければその先はありません。言ってみれば宝くじのようなもので、買えば当たる可能性がないとは言えませんが、買わないと当たる可能性はゼロだということです。もし当たらなくても夢を見せてもらえます。

自分以外の誰かのために、誰かに喜んでもらうために使うお金も自分を幸せにしてくれます。

反対に、死に金とは、安いからと必要のないものを買ってしまったり、無駄な付き合いなど後から勿体無かったなと後悔するようなお金の使い方のこと。

 

個人的には、仕事にはあまりお金に執着せず、自分の好きなことをして、誰かに喜んでもらえることを仕事にしたいと思っています。ブライダルという仕事に出会えて、今はWEB広告という仕事に出会い、楽しいと思える仕事をしています。楽しいと思える先には、誰かに喜んでもらうことがあるから。そして喜んでもらえた分の結果が出るということ。

そんな私も昔、ある企業で経理の仕事をしていたのですが、それが自分には合わなかったのかつまらない・・・。もちろん、経理でも極めれば面白かったのかもしれません。その時の私は、もちろん責任は果たしますが、やりがいも特になく、お給料のためだけに働いていました。それを考えると世の中、好きな仕事を見付けられる人ばかりではないのが現実で、お給料のためだけに働く人が多いのかもしれません。

でも、そのお金をどのように使うか!で、その仕事の価値さえ生まれるだと思います。生き金にするのか死に金にするのかは自分次第。同じお金なら生き金を使って、楽しい人生を送りたいですね。

 

執筆者:才田真未 (https://xlab-online.com/author/saida)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらマーケティング、web広告の運用やセミナーを開催しています。人生を変えたウエディング、広告、育児を通し、様々な情報を発信していきます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

当サイトの最新記事をお届けいたします

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別 お悩みごとで探す